さくらんぼのおいしさづくりは一月から。

画像
山形は果物王国。さくらんぼ、ラフランス(西洋なし)・・・。先日親子三代で果樹園を営む
お宅へおじゃました。昨年のラフランスの農薬騒ぎで風評被害にあった所は多い。ここはステビアという甘いハーブを使いなるべく農薬をつかわずに安全にこだわって果物をつくっている。蔵王おろしの寒風で甘みを増す 高級食材紅柿をつかった干し柿の産地でもある上山市(かみのやま市)の果樹園。果物の甘さの秘密も この蔵王のふきおろしに関係あるのかは これから調べてみるが。大きな果樹園なので一月の厳冬のうちから剪定作業をしないと間に合わないという。湧き水があったり 霜の通る道というのがあり 山間地にありながら そこの地区だけ霜の被害にあわない地域という。水と空気が澄んだ地区。大学を卒業して家業を継いだ三代目と仙台からお嫁にきた若奥様。シーズン中オープンカフェをきりもりする奥様は 雪の多さに驚きながら今年一回目の冬を越した。この三代目が選んだ奥様は この地区の空気と水のように 澄んだ感性をもつとても可愛いひと。シーズンには ハーブとお花を植えて花いっぱいのオープンカフェで お客様をまつという。そんな 素敵な若い人達が 最近安全な食づくりの仕事に取り組んでがんばっている。ラズベリーやカシスも栽培をはじめたそう。ホームページが5月半ば素敵にリニューアル予定だそうです。
http://www.ubafutokoro.com
「やっと解けた」雪解けの水のなかにふきのとうが ひとつ 咲いていました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント